【社労士監修】給与計算を社労士にアウトソーシングする際のメリット・デメリット・相場

給与計算のアウトソーシングは、多くの企業が効率化と専門知識の活用を求めて選択している方法の一つです。本記事では、給与計算を社労士にアウトソーシングする際のメリット、デメリット、および相場について詳しく掘り下げていきます。

給与計算を社労士にアウトソーシングするメリット

専門知識の活用

給与計算には複雑な法規制や税制が絡みます。社労士はこれらの最新の法令や税制改正に精通しており、正確な給与計算を保証します。
例えば残業代、有給休暇の計算、変形労働時間制を採用した場合の残業、欠勤などの計算など、かなり複雑な給与計算を正確に実施することが可能です。

時間とリソースの節約

社労士にアウトソーシングすることで、企業は給与計算に関連する作業から解放され、他の業務に時間とリソースを集中できます。

人的ミスの軽減

給与計算においては誤りが許されない領域です。社労士のプロフェッショナリズムにより、誤った計算や記載ミスを防ぐことが期待できます。

法令順守

厳しい法的要件に対応するため、社労士は給与計算において法令順守を確実に行います。これにより企業は法的なリスクを最小限に抑えることができます。

給与計算を社労士にアウトソーシングするデメリット

費用の増加

社労士にアウトソーシングする際には一定のコストが発生します。企業はこれを予算内でカバーできるか検討する必要があります。
しかしながら、アウトソーシングすることで、そこに費やす人件費・教育費用を考慮するとアウトソーシングした方がかえって安くなる場合が良くあります。
優秀な経営者はアウトソーシングを活用している方が多いです。

コミュニケーションの遅延

外部の社労士とのコミュニケーションには時間がかかることがあります。急な変更や緊急の対応が求められる場合、迅速な対応が難しいことも考慮するべきです。その場合は事前に社労士側と緊急変更の可能期限などを相談しておくと良いでしょう。

給与計算の社労士アウトソーシングの相場

給与計算を社労士にアウトソーシングする際の相場は企業の規模や業種によって異なりますが、一般的には月額固定料金や従業員数に基づいた従量課金が行われます。相場調査を行い、企業の予算に合った提携先を見つけることが重要です。

まとめ

給与計算を社労士にアウトソーシングすることで、企業は専門的な知識の利用、時間とリソースの節約、法令順守の確保など多くのメリットを享受できます。デメリットもあるものの、適切な社労士との連携によりこれらの課題を最小限に抑えることができます。最適な社労士とのパートナーシップを築き、給与計算業務のスムーズな運営を図りましょう。

社労士法人シモムラパートナーズの特徴

高品質

弊社は主に親切・丁寧・早いをモットーに、給与計算業務のシステム導入の支援も行うことにより人的コストの削減を図る事で低価格・高品質なサービスを強みとしており、また専門の給与計算チームによる強靭なマニュアル化と変化への対応力を武器に、お客様のバックオフィス業務をサポート致します。

安心のアフターサポート

業務終了後も疑義や不明点があればお気軽にお問い合わせ頂き、解決へと導きます。

お問い合わせはこちらから

給与計算のアウトソーシングに関するご質問やお問い合わせはお気軽にこちらからお願いいたします。専門の担当者が迅速に対応いたします。

社会保険労務士 下村圭祐

社労士法人シモムラパートナーズ代表

500名を超える製造業の人事・労務部門で7年間従事。労務管理・各種行政手続・安全衛生等を経験。元労働基準監督署相談員。

関連記事

  1. 【社労士監修】新店舗立上げ、買収、M&Aをした際に必要な社会保険…
  2. 【社労士監修】会社設立時(法人成り)に必要な社会保険・労働保険の…
  3. 【即日作成】就業規則作成代行|社労士法人シモムラパートナーズ
  4. 【社労士監修】裁量労働制とフレックスタイム制の違いは?しっかり理…
  5. 専門業務型裁量労働制とは?導入手続きから正しい運用まで解説【社労…
  6. 一般事業主行動計画を作成するメリット/社員定着・採用・融資・補助…
  7. 【社労士監修】フレックスタイム制度とは?導入手続きから正しい運用…
  8. 【即日対応】初めて従業員を雇用したときに必要な社会保険・労働保険…
PAGE TOP